[多摩豪]椿ヶ丘団地の管理人[2話]美人の管理人に中出ししませんか?

椿ヶ丘団地の管理人

 

第2話 椿ヶ丘団地管理人の『サービス』

 

のあらすじと感想を紹介します。



 

会員登録しなくても無料試し読みができます

無料試し読みはこちら

 

1話では人影に消えていった管理人と住人の重村。

 

そして管理人はパンツを脱ぎました。

 

さてさて、これからセックスが始まっちゃう?

椿ヶ丘団地の管理人2話あらすじ

団地の陰に行くと、管理人はパンツを脱ぐ。

 

重村は管理人のおまんこをペロペロとなめ始める。

 

「あんっ…あんっ♡」

 

可愛い声を出して、感じている管理人。

 

重村がファスナーを下げて硬くなったチンポを出す。

 

管理人は喜びながら、片足を大きく上げて、自分のおまんこを広げる。

 

早く入れて!

 

大きくおまんこを広げて、入れられるのを今か今かと待っている。

 

重村は管理人のおまんこに「ズボッ」と挿入する。

 

「あんっ…ああん…」

 

管理人はかわいい声を出し喜んでいる。

 

まるで好きな男とセックスしているようだ。

 

重村は生のまま絶頂を迎える。

 

管理人のおまんこの中にたっぷりと中出しをする。

 

重村はこの日の為に、5日間も禁欲し、精液を貯めていたのだった。

 

管理人のおまんこは、重村の精液で満たされていた。



 

無料試し読みはこちら

 

「もしかして見てた?」

 

悪びれる様子もなく、管理人は美智子に声をかける。

 

美智子は管理人から「サービス」というのは、住人への性サービスであることを聞かされる。

 

住人はチケットを持っていて、その枚数によって管理人から性サービスを受けられるというものだった。

 

チケット1枚でフェラ

 

チケット2枚でセックス

 

チケット3枚で貸し切り(10時間)

 

このチケットは、団地に住む単身の男性に毎月、10枚配られる。

 

 

そして驚きの管理人の給料は…約79万円だった。

 

 

美智子は管理人の仕事が性サービスであることを聞き、興奮して管理人になることを断る。

 



専用アプリのインストールが必要ありません

無料試し読みはこちら

椿ヶ丘団地の管理人2話感想

やっぱり…

 

管理人のお仕事ってセックスなんですね。

 

しかもかなり高額なお給料です。

 

月に約80万円ってすごいですよね。

 

でもでも、団地に住む男性のお相手を毎日しなくてはいけません。

 

それはなかなかハードですね。

 

いつ、どこでチケットを出されるかもわからないですから。

 

でも、この団地に住む男性は超ラッキーですよね♪

 

チケットが毎月10枚もらえるんですから。

 

団地の男性は最高。

 

だって美人な管理人さんを好きなときに抱けるんですから。

 

たまりません…

 

仕事が終わったら早く帰りたくなりますよね♪

 

 

でも…美智子は管理人になるのを断りましたね。

 

でも…お金に困っている美智子はどうするんでしょうか…

 



 

無料試し読みはこちら